egg 大阪研修part2

~だんじりのこと~ せっかくだんじりへ行ってきたので、もう少し詳しく・・・ 12771 岸和田のいたるところに、↑こんな木が置いてあります。 これは、山車のタイヤ部分にあたる車輪です。松の木で作られているみたいです。 ただ、1回のお祭りで痛んで使えなくなってしまうので、このように街中に置かれて再利用されています。 IMG_5987 山車の至るところに、立体的な美しい彫刻が施されています。 これは、岸和田~大阪の歴史が彫り刻まれているんです。 平安時代から鎌倉時代、戦国時代といった様々な戦の様子が彫られています。 中には、『雪あそび』といったかわいいものも彫られていました。 IMG_5988 岸和田には、約20前後の山車を作る会社があります。その会社のほとんどは、4~5年先まで仕事がいっぱいなんだそうです。 激しさゆえに、修復も必要ですしこんな美しい彫りをするには、時間もかかるんでしょうね。すごいです! IMG_5993 だんじりといえば、昼間に激しく走って・・というイメージですが、夜はこんな風に灯りがともって太鼓や笛・鐘をこどもたちが鳴らす、そんな時間もあるようです。 IMG_5994 だんじり会館にあったポスターです。 右下に浴衣を着て山車に立っているのが、岸和田で生まれ育った木匠さんです。 生まれたときから、毎年この祭りとともに暮らしているとのこと。岸和田の常識は、他の地域の非常識なんだとか。笑   IMG_6001 こちらは、岸和田城です。このお堀の周りに山車が並びます。 IMG_7914 岸和田城の側にある、神社です。お堀の周りに並んだ山車はこちらの神社に、頭を下げにくるとのこと。 IMG_7954 IMG_7912 こちらあの有名なS字カーブから少し行ったところです。 この地域の方は、だんじり保険というくらいこの祭りでおうちが少し壊れます。。 でも、実はこの地域の方はほとんど保険に入れないんですって。 追突した山車の町の人が、負担しておうちを直してあげるんだとか。   などなど、だんじり裏話も聞かせていただくことができ、楽しい2日間でした。 木匠さん、この場を借りてお礼申し上げます。 ありがとうございました。 三重県いなべ市 造園・外構・エクステリア お庭づくりのプロショップ ガーデンアート  以津の夢 フェイスブックもありますよ。 コチラ↓ ガーデンアート  以津の夢  寺本